【ホームページの先生】商用集客ウェブサイト作成教室・SEO対策方法コンサルティング・web運営相談・オンライン講座・出張指導・茨城・水戸

ホームページの先生,佐藤啓人,ウェブサイト作成教室,商用ホームページ制作講座,作成術,SEO対策方法,通信指導,出張指導,制作ソフトSIRIUS成功例,茨城,水戸

 

ウェブを立ち上げるのは、起業のときが多い。

 

まだそのときは、実績とお客様の声が集まりにくい。

 

しかし、身銭をきってでも、声を集める価値がある。

 

 

激論!

 

 

【塾長】
今日は、「お客様の声」についてお聞かせください。
私も、ホームページ作成教室を開いてからしばらく経ちますが、多くの生徒さんたちからの悩みとして、かなりの部分を占めているのが、お客様の声、体験談をどうやって集めたらいいのかわからない、ということでした。ウェブサイトを自作しようとする人は、起業家さんの割合がけっこう大きいので、そういった傾向があるのだと思いますけれど。

【住職】
そうだな、お客様の声か。たしかに、その項目が商用のウェブサイトから抜け落ちていたのでは、話にならない、というほど大事なものだよな。俺もホームページ制作をたくさんの弟子たちに教えてきたが、意外と、「えっ、そんなものが必要なんですか?」という、とぼけたような者もいた。そういう弟子たちの言い分は、「トヨタとか日産とか、大手の企業のウェブサイトには、お客様の声がなくて、製品カタログのようなものも多いですよ。大手のように、かっこよく、きれいなカタログのサイトを作れば、お客さんからの反応が得られるのではないですか?」なるものがほとんどだが、まったく逆の捉え方をしている。
あくまでも、メジャーな者にはメジャーな者の戦い方があり、マイナーな者は、マイナーな者ならではの戦い方をすべきだ、ということを理解してほしい。
以前にも述べたが、メジャーな大手企業は、もうすでに、絶大な信頼を獲得している。だから、あえてお客様の声を載せるまでもなく、いや、わざと載せず、ブランドイメージだけでいこう、という思惑があるのだ。そこを勘違いして、マイナーな知名度のないものが真似をすると、痛い目に遭う、というか、せっかく自作したウェブサイトから、ぜんぜんお客さんがとれないような目にあうだろうな。
だから、お客様の声を掲載すべきだということを、これから集客ホームページ制作を自力でやっていこうという佐藤君の受講者さんたちに提示しているのは、非常に結構なことだ。問題は、その集め方、というわけか。

【塾長】
はい。

【住職】
わかった。では、その自作ウェブサイトで宣伝しようとしているビジネスをはじめたての、いや、あるいは、これから手掛けようとしている人たちに対して、確実に、お客様の声を手に入れることの出来る方法を、俺が提示してやろうと思う。しかも、時間をかけずに、だ。

【塾長】
まだビジネスをはじめたてで、実績を示すのが難しい人が、スピーディーに、自作サイトに載せるべき「お客様の声」を集めることが出来る。それは、すごい方法ですね!

【住職】
ただ、ひとつ、前置きをさせてほしい。あくまでもその方法は、何の苦労もなしにできる、というものではない。
ビジネスをはじめたばかりで、お客様の声を集める方法は、ベタであるが、無料とか格安にて、実際に知り合いとか、広報などで募集したモニターさんに、製品やサービスを試してもらうしかない。
そのためには、ふつうに製品やサービスを売っていたら得られていたはずの利益を得ることもできないし、わざわざ、余分なモノや労力を使わなくてはならない。
でも、そうすれば、迅速に感想文をゲットすることができるし、そのクライアントさんのホンネが、今後のビジネスにとってプラスとなる、すごい気付きをもたらす。だから、無料や格安でモノやサービスを試してもらうというのは、先行投資として、ほんとうに意義のあることなんだ。
いいものであれば、必ずウケる。

【塾長】
なるほど、やはり、ビジネスを立ち上げた初期のときは、いろいろな意味で、先行投資をしなくてはならず、そのためのモニターさんの活用は、とても意味の大きなものなのですね。住職のことだから、突拍子もない返答が出てくるのかと思いましたが、お客様の声については、まさに、王道で攻めるべし、ということですか。

【住職】
左様。それがいちばんいい。
一方、そうだな。突拍子もない返事か。そういうものも、あるにはあるぞ。

【塾長】
えっ、お客様の声を集めるに際して、王道でない方法が存在するのですか?

【住職】
そうだ。そして、冷静に分析してみると、とんでもないことだが、王道よりも邪道の方が多い、と言えるかもしれないのだ。
実はな、いま存在する、マーケティングおよびセールスのコンテンツの多くは、かなりの部分、「集めたものじゃないお客様の声」である可能性が高いんだ。

【塾長】
なんですって!?

【住職】
お客様の声における邪道とは、それを自分で作文する、あるいは、そのへんのゴーストライターにたのんで執筆してもらう、というものだ。そうすれば、あたかも、実際にサービスをためしたお客さんが、たくさんいるかのように、そして、ほとんどの部分が喜ばれているように、ウェブの閲覧者さんに錯覚させることができる。

【塾長】
はー、言われてみれば、出来ないことはないですね。

【住職】
だがな、それには大きな難点がある。
世の中に存在するマイナーな広告、たとえば、成人雑誌とかB級誌の裏の方にある物販の広告に、たまにお客様の体験談とか書いてあるよな。あれ、読むからに嘘だよな。顔写真も、業者の適当な友人とかなんじゃねえかな。あんなふうに、あきらかな捏造、というように、まずバレる。顔写真やフルネームをいれたところで、騙される読者は、かなり稀だよな。

【塾長】
あーありますねえ、たしかにそういう広告。男のシンボルがこれだけ増大した!とか、飲むだけで相手が堕ちた、などなど。顔写真やフルネームは、いまや当たり前ですね。

【住職】
だから、ホームページにおける、お客様の体験談も、まったくおなじ構図だと思うよ、俺は。体験者さまの顔写真とかも、裏の業者が扱っているしね。
そういうのは置いといて、やはり、王道でいくべきだよ、お客様の声に関しては。
よほどの事情がない限りはね。

【塾長】
参考になりました。私も、ホームページ制作講座のクライアントさんに今後、相談されたら、そのように答えたいと思います。

集客ホームページ制作指導&SEOコンサルティング   出張可能エリアと料金

 

ホームページの先生,佐藤啓人,ウェブサイト作成教室,商用ホームページ制作講座,作成術,SEO対策方法,通信指導,出張指導,制作ソフトSIRIUS成功例,茨城,水戸

 

ホームページの先生,佐藤啓人,ウェブサイト作成教室,商用ホームページ制作講座,作成術,SEO対策方法,通信指導,出張指導,制作ソフトSIRIUS成功例,茨城,水戸

 

水戸市・ひたちなか市・那珂市・東海村・笠間市・茨城町 完全無料
小美玉市・石岡市・鉾田市・大洗町・常陸太田市・常陸大宮市・日立市 距離により算出、上限5000円
県内のその他の市町村 応相談

 

商用集客ウェブサイト制作の出張指導に関しましては、茨城県の県央地域を中心に活動をさせていただいております。
まったく予備知識の要らない、本格的集客力を持つホームページの自作方法を教われるとあって、茨城県内のみならず、他都道府県のクライアント様からも、熱いラブコールが多数です。

 

また、SEO対策に関しましても、弊社にて洗練した、ランニングコストのかからない日々コツコツできる技術である「G作戦」の実践方法をお伝えさせていただいており、毎月の検索上位表示・SEO業者さんへの支払いがゼロになってとても助かった!という感謝状がたくさん届いています。

 

すべてを出張指導、というのは時間的に、物理的に難しいので、現在ではオンライン教室、電話講座をご用意しております。
そして、電話・オンライン講座のほうが、じょじょに受講者様が増えている傾向にあります。